2018年ロードレースダイジェスト

気づけば、2018年のロードレースシーズンもあと「佐倉朝日健康マラソン」を残すところとなりました。

PB更新できるかは分かりませんが、全力を出し切るつもりです!

 

2018年はとになくよくレースに出たなぁという感想ですw

  • 1/14 ハイテクハーフマラソン(ハーフ)
  • 1/21 千葉マリンマラソン(ハーフ)
  • 1/28 奥むさし駅伝(一区-9.9km)
  • 2/4 別府大分毎日マラソン(フル)
  • 2/11 森林公園マラソン(ハーフ)
  • 2/18 京都マラソン(フル)
  • 3/4 静岡マラソン(フル)

1月のハイテクハーフから京都マラソンまでは実に6週連続。

そして、その2週間後に静岡マラソン。1ヶ月間で3回フルマラソン。

森林公園マラソンではヤマノススメジャージ

怪我もなくよく走りきれたなぁw

 

さて、タイトルにした本題に入りますが、

これだけ短期間でレースに出ていると【毎回全力&自己ベスト更新を狙う】という訳にはどうしてもいけません。

特にフルマラソンの距離を走れば、当然疲労が脚に残ります。

個人的には4週間あれば完全復活するかなーという感じです。

 

なので本命勝負レース(自己ベストを狙う)以外は、

練習の一環やファンランとして走るのですが、その時に特に意識していることがあり、

それは、「諦め癖をつけない」ということです。

 

具体的にいうと、「今日のレースはファンラン」と決めたのであれば、

最初からファンランのモード(ペース)で走ります。

別府大分毎日マラソンで自己ベスト更新

 

いけるところまで頑張って走ってみるけど、無理そうだったら途中で力を抜く

このような走り方を絶対にしません!!

 

なぜかというと、

このような走り方を一度でも自分に許してしまうと、

本命勝負レースでも簡単に諦めるようになるリスクがあるからです。

 

本命勝負レースというのは、自己ベスト更新を狙っています。

当然、今までの自分より速く走るわけですから絶対苦しくなる(苦しいと感じる)場面が出てきます。

 

その時に、(ファンランとしても)力を抜く前例を持っていたらどうでしょう?

 

「今日は諦めよう」・・・そんな気持ちが出てきてしまうかもしれません。

その気持ちのままペースを持続するのは難しくなります。

 

なので、

自分は「諦め癖をつけない」ということを毎回意識して走ってます。

割り切るときは割り切るです!

単なる心構えで実際はささいなことかもしれませんが、

それが結果に繋がっていると自分は思っています。。