pop | ninimimima

ホーム > タグ > pop

pop

SEVEN IDIOTS / world’s end girlfriend

SEVEN IDIOTS SEVEN IDIOTS
world’s end girlfriend

Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M)
売り上げランキング : 821

Amazonで詳しく見る by AZlink

[曲目]
1.The Divine Comedy Reverse
2.Les Enfants du Paradis
3.TEEN AGE ZIGGY
4.DECALOGUE minus 8
5.ULYSSES GAZER
6.Helter Skelter Cha-Cha-Cha
7.GALAXY KID 666
8.Bohemian Purgatory Part.1
9.Bohemian Purgatory Part.2
10.Bohemian Purgatory Part.3
11.Der Spiegel im Spiegel im Spiegel
12.The Offering Inferno
13.unfinished finale shed

内容紹介
weg設立の新レーベル「Virgin Babylon Records」の第一弾となる『SEVEN IDIOTS』。今作は特殊な作曲方法で制作が進められた、最初にAメロ/Bメロ/サビという一般的な形式の唄ものを作曲し、その後、ヴォーカルパートを完全に消去し残されたトラックに徹底的な破壊と構築、交配を繰り返し施し練り作り上げられた。異様な緻密さの打ち込み(プログラミング)、美しきストリングス、フリーキーなサックス、カラフルなギター、幾千幾万の音が渾然一体となり鳴り響く。そこに現れるのは破壊と構築、愛と間違いに満ち満ちた異形のポップミュージック・アルバム!!

1曲目「The Divine Comedy Reverse」のストリングスが鳴った瞬間「あぁ~最高だわ」と出だしで満足してしまいました。

今回、ポップアルバムということだったんですが、
正直なところ、world’s end girlfriendとポップが全然結びつきませんでした。

自分の中にある”world’s end girlfriendのイメージ”っていうのは、「静けさの中になる美しい狂気」。

2曲目「Les Enfants du Paradis」3曲目「TEEN AGE ZIGGY」。

すごく納得しました。なるほど、ポップだ。
印象的なのは、ギターのコードバッキングですね。
続きを読む

LIVE動画「絆創膏と黒蟻」をアップしました。

リスタート」に引き続き、「絆創膏と黒蟻」も公開します。

あらためてみると、この曲以来、ピック弾きをやってないなぁ~と。
オルタネイトピッキングだいぶ鈍ってそう。

んで、
明日はWORLD HAPPINESS 2010を観てきます。
野外ライブはホント久しぶりなのでめいっぱい楽しみますよ~☆

Landed / Laika Came Back

landed
Laika Came Back - Landed - Single - Landed

[曲目]
01.Landed
※配信のみのリリースみたいです。

AIRの活動終了からちょうど1年後の2月10日に始動したLaika Came Backは、音楽を中心に社会活動などのライフスタイル全般にかかわっていくプロジェクト。第1弾楽曲となる -ナタリー

車谷さんの音楽は中学から聴いてるので10年以上の付き合いになる。
当然の事ながら、10年という月日の中で音楽の嗜好は変わっていったので、AIRのアルバム「one」以降はあまり積極的には聴いてなかった。
それでも、AIR活動終了ってニュースを聞いたときはやっぱり寂しかったんだよね。

そんでもって、「Laika Came Back」
活動開始は、純粋に嬉しいです。

その第一弾リリース曲 「Landed

アルペジオギターに乗せられた優しい歌声。
シンプルだからこそ、グッとくる。
これです、これ。この音楽を聴きたかった。

おかえりなさい、車谷さん

Link

The Visitor / Jim O'Rourke

ザ・ヴィジター
Pヴァイン・レコード 2009-09-16
売り上げランキング : 43677
おすすめ平均 5つ星のうち4.5

Amazonで詳しく見る

[曲目]
01.Visitor

[内容紹介]
ついにジム・オルーク、2001 年の『インシ グニフィカンス』以来となる純オリジナル・アルバム完成!
その底知れぬ才能をあらた めて見せつける、あまりにもすばらしすぎる 超特大の感動作!!
●やっぱりジム・オルークはすごかった!
久々の新作で、しかも全一曲のインスト・アルバム(なんです!)、さらに、現代版『チューブラー・ベルズ』(マイク・オールドフィールド)という本人からの前情報に、いったいどういう作品かと、期待と不安を抱きつつ待っていたところ……。
これがもう、とんでもなくすばらしいものだった!
楽曲、アレンジ、演奏、録音、ミックス、すべてがジム・オルーク以外の誰にも作り得ない圧倒的な完成度。
アコースティック・ギターの爪弾きに始まり、さまざま な楽器を取り入れ、静と動を織り交ぜて展開していく、なんとも感動的な作品だ。
しかも、ギターやベース、ピアノはもちろん、ドラムや管弦楽器にいたるまで、すべての楽器がオルーク自身によって演奏されているのだ。
さらに、編集は一切なしで、すべてリアルタイムの演奏によるものだというから驚きだ。——Amazon.co.jp

ジムオルークが紡ぎ出す38分の大曲。
(商品紹介によると)ジムオルーク本人がほとんど演奏していて、しかもノン編集でリアルタイム録音ってことですから、すごい。
構成完全に固めて作ったのだろうか…反復音楽ではない。
1曲に様々なストーリーが込められている、さながら交響曲のよう。

個人的に18:30~からの展開が大好きですね。
聴く度に発見がある。聴き応えバッチリです☆

[LINK]

Live at the Sydney Opera House / Burt Bacharach

B001TW69NU Live at the Sydney Opera House
Burt Bacharach
Verve 2009-04-10

by G-Tools

[曲目]
1.What the World Needs Now Is Love
2.Medley 1: Don’t Make Me Over
3.Medley 1: Walk on By
4.Medley 1: This Guy’s in Love with You
5.Medley 1: I Say a Little Prayer
6.Medley 1: Trains, Boats & Planes
7.Medley 1: Wishin’ & Hopin’
8.Medley 1: Always Something There to Remind Me
9.Medley 2: One Less Bell to Answer
10.Medley 2: I’ll Never Fall in Love Again
11.Medley 2: Only Love Can Break a Heart
12.Medley 2: Do You Know the Way to San Jose
13.Anyone Who Had a Heart
14.God Give Me Strength
15.Make It Easy on Yourself
16.On My Own
17.Close to You
18.Movie Medley: The Look of Love
19.Movie Medley: Arthur’s Theme
20.Movie Medley: What’s New Pussycat
21.Make It Easy On Yourself
22.On My Own
23.Close To You
24.The Look Of Love
25.Arthur’s Theme
26.What’s New Pussycat
27.The World Is A Circle
28.April Fools
29.Raindrops Keep Fallin’ On My Head
30.The Man Who Shot Liberty Valance
31.Making Love
32.Wives & Lovers
33. Alfie
34. A House Is Not A Home
35. For The Children
36. Who’ll Speak For Love
37. That’s What Friends Are For
38. Any Day Now
39. What The World Needs Now
40. Raindrops Keep Fallin’ On My Head

2008年1月、シドニーオペラハウスで行われたコンサートを完全収録。
続きを読む

ホーム > タグ > pop

Search
カスタム検索
My Service
Feed tumblr Youtube Facebook Twitter

ページの上部に戻る