high llamas | ninimimima

ホーム > タグ > high llamas

high llamas

De La FANTASIA 2012

デラファンタジア2012

De La FANTASIA 2012 素晴らしかったです。

キリンジ

Jim O’orourke

細野晴臣

High Llamas

なんでしょう。
これ、俺のために開いてくれたイベントだよね?
と勘違いしてしまうくらい素晴らしいイベントでした。

HIghLlamas会場限定CD

ハイマラズの会場限定CDもゲット。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

やったー、ハイラマズ来日公演。

ビルボード東京から定期的に送られているライブ情報のハガキを何気なく見ると、

「THE HIGH LLAMAS」
約4年ぶりのニュー・アルバム「タラホミ・ウェイ」をリリースしたハイ・ラマズが初登場!

キターーー

やばい、嬉しすぎる!

前回が2009年だから、2年振りか。。

ぜったい観に行くよ-、

イベント詳細

Talahomi Way / High Llamas

Talahomi Way

[曲目]
1. Berry Adams
2. Wander, Jack Wander
3. Take My Hand
4. Woven and Rolled
5. The Ring of Gold
6. Talahomi Way
7. Fly Baby, Fly
8. Angel Connector
9. To the Abbey
10. A Rock in May
11. Crazy Connector
12. Calling Up, Ringing Down
 

内容紹介
もはや反則ものの心地よさ!
ショーン・オヘイガン率いる桃源郷ポップ楽団ハイ・ラマズ、約4年ぶりのニュー・アルバム!
ずっと浸っていたくなる至上のポップ・ミュージック!

オフィシャル・サイトに1991 年結成かも、とあるので、今年でじつに結成20 周年(?)となるショーン・オヘイガン率いるハイ・ラマズ。
2007 年の前作『カン・クラッダーズ』もすばらしく、2009 年にはじつに10 年ぶりの来日を果たし、日本のファンを大いに魅了してくれた彼らの待望のニュー・アルバムがついに到着!
2000 年代以降、そのサウンドをよりオーガニックなものへと徐々にシフトさせてきたハイ・ラマズ。
彼らの最新作『タラホミ・ウェイ』 は、かつてないほどアコースティックな感触を持った、この上なく清々しい作品だ。流麗かつ一筋縄ではいかないメロディと優しい歌声&ハーモニー、美しいストリングスに彩られた端正なサウンド、レトロとモダン、両方の要素が同居した彼らの音楽は時代を超越している! -amazon.co.jp

初めて聴いたとき、1曲目のイントロで「ありがとう」と思わず言ってしまいました。

うん、細かいことは良いです!
ここにハイラマズのサウンドがある。それがアンサー。

買ってから毎日聴いてますが、聴けば聴くほど好きになります。

ドリーミングポップをありがとう!

Chemical Chords / StereoLab

[tmkm-amazon]B0019UUPI2[/tmkm-amazon]

[曲目]
1.Neon Beanbag
2.Three Women
3.One Finger Symphony
4.Chemical Chords
5.Ecstatic Static
6.Valley Hi!
7.Silver Sands
8.Pop Molecule
9.Self Portrait with Electric Brain
10.Nous Vous Demandons Pardons
11.Cellulose Sunshine
12.Fractal Dream of a Thing
13.Daisy Click Clack
14.Vortical Phonotheque

残念な事に、ステレオラブの無期限休止が発表されました。

ステレオラブが活動休止を発表
UKの代表的ポスト・ロック・バンドのステレオラブが、オフィシャル・サイトで活動休止を発表した。
先週末、彼らのオフィシャル・サイトStereolab.co.ukに、バンドのマネージャーであるマーティン・パイクの名義で“休止/休暇/中断/ひと休み”と題したメッセージがアップされ、これが彼らの活動休止宣言となった –My Space

90年代のポストロック界隈の代表的なアーティストなわけですが、正直なところ、最初はステレオラブがそこまで好きではありませんでした。
むしろ、大好きなアーティストであるハイラマズより評価が高い事に疑問すら浮かんでました。

で、、、
続きを読む

The Musical Paintings Vol.1 / Sean O'Hagan

[tmkm-amazon]B001FO6VD0[/tmkm-amazon]

High Llamasのフロントマン・ショーン・オヘイガンとベルギーのアーティスト・ジョン・ピエール・ミューラーのコラボレーション作品。

実際の作品は、複数のパネルから構成されているミューラーの絵の裏にスピーカーが組み込まれ、それぞれのパネルに触れることによってオヘイガンが担当した「絵のサウンドトラック」が流れるという仕組みとなっていたようです。

でこの商品は、作品のフォトと実際に鳴っていたサウンドCDがついたものになってます。
続きを読む

ホーム > タグ > high llamas

Search
カスタム検索
My Service
Feed tumblr Youtube Facebook Twitter

ページの上部に戻る