野球 | ninimimima

ホーム > タグ > 野球

野球

・・・・


Photo by liber

言葉が出ない…

イチロー2安打も、チームは泥沼の6連敗
米大リーグ、マリナーズのイチローは10日(日本時間)、敵地でツインズとの3連戦第2戦に「1番・ライト」で先発し、4打数2安打で、4試合連続安打とした。しかしチームは6-9と敗戦、泥沼の6連敗となった。 –スポーツナビ

マリナーズ4連敗、おい。。。。


Photo by Bari D

まだ力尽きるのは、早すぎるよ…

米大リーグ、マリナーズのイチローは8日(日本時間)、敵地でのロイヤルズ戦に「1番・ライト」で先発し、3安打1盗塁の活躍をみせた。しかし、チームは1-3と敗れ、4連敗となった。
イチローは第1打席、ショートへの内野安打で出塁。その後すぐに二盗も成功させ先制のチャンスを作った。第2打席はライトへの二塁打。第3打席は四球、第4打席はセカンド内野安打でこの日は3安打。第5打席はショートゴロに終わったが、打率を3割1分6厘まで上げた。-スポーツナビ

城島も帰ってきたことだし、これからこれから…と思いたい。
シーズンが長いことは重々わかってますが、ファンとしてはちょっと心配になってきた。

まだ4月だけども…

写真素材 PIXTA
(c) FUJIO写真素材 PIXTA

やったー、マリナーズ4月首位!!
マジで久しぶりです(涙)

イチローは1安打、マリナーズは4月地区首位
イチローは第1打席をショートゴロ、第2打席もファーストゴロで迎えた第3打席、カウント2-0から3球目のカーブを打ち、ファースト内野安打で出塁した。第4打席は敬遠の四球、第5打席はセカンドゴロで、この日を4打数1安打、通算打率3割6厘とした。
マリナーズはホワイトソックスとの3連戦は1勝2敗に終わったが、4月は13勝9敗で地区首位にたっている。 –スポーツナビ

続きを読む

イチロー日本選手最多安打記録更新

09年MLB開幕早々イチローがやってくれました。(と、いいつつも去年の段階であと3本で記録達成なのは分かっておりましたが…)
日本選手最多安打(3085)記録更新ですよ、ついにですね。

イチロー決めすぎ満塁弾!3085安打に並んだ
【マリナーズ11―3エンゼルス】シアトルの夜空に、歴史的なアーチが舞った。マリナーズ・イチロー外野手(35)が15日(日本時間16日)、エンゼルス戦の7回1死から右翼へ満塁本塁打。この日2本目の安打で張本勲氏(68=本紙評論家)が持つ3085安打の日本記録に肩を並べた。同時に日米通算1000打点も達成。故障者リスト(DL)明けの復帰初戦。自身の開幕戦でいきなり快挙を成し遂げた。-スポニチ(YAHOOニュース)

今回は、インタビューで「(ホームランを)狙って打っていない」と言っていましたが、もともと「ホームランは狙って打つもの」と公言している人であり、実際にこれまでも節目節目はホームランを打ってる人なので、ホントのところはわかりません。

しかし、満塁で打席がまわってくる辺り、
「やっぱ本物は違うわ」と素で思いました。

イチロー記録更新:張本勲氏「見事、大リーグ記録目指せ」
イチローの記録更新について、張本勲氏に話を聞いた。
見事に、簡単に抜いてくれた。さすがにイチローだ。おめでとう。イチローらしい、しっかり芯でとらえたヒットだった。
しかし3086本は通過点に過ぎない。目指してほしいのはピート・ローズが持つ4256本の大リーグ記録。そして米国だけでの3000本。この二つを達成してくれれば、「あっぱれ」をあげますよ。非常に難しい数字だけど、彼ならやれると思う。あと1200~1300本だから、1年でも長くプレーをするために、しっかり走り込んでほしい。-毎日.JP

実際問題、ずっと日本でやっていたら記録更新できたかは微妙なところだと思います。できたとしても、相当時間はかかったでしょう。後期のオリックスでは3番が定着してましたしね。そう考えると、張本さんは半端ない打者だったと素直に思いますよ。

ヒットを打つことに関しては、彼にかなわないな。川上(哲治)さんが一番と思っていたけど、イチローが一番だね。

そんな張本さんがここまで言ってくれました。
いやー、なんか裏付けとれた感じ。最高ですよ。

続きを読む

WBC 日本優勝

やりました、日本。
http://www.npb.or.jp/wbc/
WBC2連覇。

「もう一度、世界をつかめ」

本当に掴んじまったよ。。。泣)

ずばり日本の投手力の勝利です。
松坂、岩隈、ダルビッシュ、杉内、田中、涌井、渡辺、山口、小松、内海、岩田、藤川、馬原
9試合で16点 防御率1.77 (…間違ってたらすんません。)
とにかく点を取られてない。もう見事としか言えません。
確実に世界トップクラスの投手陣です。

そして、「スモールベースボール」と言われる繋ぎの攻撃陣。
イチロー、中島、青木、村田、稲葉、岩村、内川、城島、福留、阿部、川崎、片岡、栗原、亀井、石原
送りバンドをしっかりやって、進塁させる。時には、思い切ったヒットエンドラン。
それが好打を生み、点を取っていく。
長打だけが全てではない、本当に日本らしいプレイを見せてくれました。

北京オリンピックから宿命のように韓国と戦ってきました。
正直言いましょう。

韓国の野球は、強いです。

アメリカのようなパワー主体の長打力があると思ったら、日本的な緻密な野球もする。
今回、日本は韓国と5回も戦ったのでじっくり堪能させてもらいました。
本当に強いです。

今回は、日本の方が投手力でわずかに勝ったと思います。

さてさて、
続きを読む

ホーム > タグ > 野球

Search
カスタム検索
My Service
Feed tumblr Youtube Facebook Twitter

ページの上部に戻る