菊地成孔 | ninimimima

ホーム > タグ > 菊地成孔

菊地成孔

AKSB~これがアキシブ系だ!~ / Compilation

B000UJJBTW AKSB~これがアキシブ系だ!~
ディミトリ・フロム・パリ
JVCエンタテインメント・ネットワークス 2007-09-21

by G-Tools

[曲目]
1.Neko Mimi Mode
2.Let Me Be With You
3.ビーグル
4.波のトリコになるように
5.人間だから
6.かたことの恋
7.Dear Friend
8.la,la maladie du sommeil
9.瞳のトンネル
10.リトルグッバイ
11.明日はたぶん大丈夫
12.Cloud Age Symphony
13.CESTREE
14.Pressentiment triste
15.帰ってきたケロッ!とマーチ -READYMADE SERGENT ROCK-

アルバム名の「AKSB(アキシブ系)」とは、「アキバ系」+「渋谷系」という意味らしいです。
要するに、アニソンの中でおしゃれな音楽を集めたコンピレーションです。

正直、「渋谷系」の定義がよく分かっていません。どういう音楽のことなんでしょう?
自分の中では、ピチカート・ファイヴとかフリッパーズギターのイメージなんですが合ってるのかな?

とすると、
この楽曲群だと「渋谷系」って言えるのは、高浪さんと小西さん(ピチカートファイブ)の曲だけなんじゃ~と思わなくもないです。

まぁ~、それは置いといて、肝心のアルバムですが、
「菊地成孔」「冨田恵一」「小西康陽」で反応する人は買ってOKなアルバム。

正直、聴き応えあるアルバムです。
他にもROUND TABLE,Dimitri From Paris,OKINO SHUNTARO,ROCKY CHACKだとかコンピなので統一感はありませんが、それぞれの楽曲がそれぞれ良いです。

こういうサウンドの作り手(どっちかというと裏方)にフォーカスを当てたアルバムっていうは、うれしいですね。
消化が早いジャンルは、リアルタイムで追うことも出来ないわけですから。

(元々好きなのが大きいけど)
個人的には、「04.波のトリコになるように(菊地成孔)」「05.人間だから(冨田恵一)」がおすすめです。

P.S. アマゾンマーケットプレイスだと300円台で売ってるのでかなりお得。

Live Session (iTunes Exclusive) – EP / 菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール

Live Session (iTunes Exclusive) - EP / 菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール
菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール - Live Session (iTunes Exclusive) - EP

1.即興~プラザ・レアル
2.ダンスメドレー (航空会社のTVCMの悪夢~儀式)
3.バンドネオン・ソロ~ルペ・べレスの葬儀
4.映画「8½」~ それから‥‥ (ワルツ) より

iTunes Storeでバナーを見たときに、思わず購入してしまいました。
なんていうか、菊地さんはアバンギャルドなイメージしかないので逆に意表を突かれた感じかもしれません。(聴く人によっては十分アバンギャルドに聞こえるかもしれませんが・・・)
一曲目「即興~プラザ・レアル」の序盤がすごい雅楽っぽくてたまりません。
といいつつもベースは、スペイン音楽というかラテンジャズですね。
アコーディオンの音がカッコイイなぁ~
この形態での「ワルツ」は最強にずるいっす。

[LINK]
菊地成孔 Official site

ホーム > タグ > 菊地成孔

Search
カスタム検索
My Service
Feed tumblr Youtube Facebook Twitter

ページの上部に戻る