「ソラニン」をみてきた。

宮崎あおい主演の「ソラニン」を見てきました。

公開初日だったので予約していったけど、空席があったのがちょっと意外。。(こんなもんなのかな?)

あらすじ: OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信が持てず、互いに寄り添いながら東京の片隅で暮らしていた。ある日、芽衣子の一言で仲間たちと「ソラニン」という曲を書き上げた種田は、芽衣子と一緒にその曲をレコード会社に持ち込むが……。-引用元:yahoo映画

原作を読んだのが、かなり前なので話の流れはうる憶えだったのだけど、ほぼ原作通りだと思います。

続きを読む

空気人形 O.S.T. / world’s end girlfriend

B002N7DG68 空気人形 O.S.T.
world’s end girlfriend
インディーズ・メーカー 2009-09-25

by G-Tools

[曲目]
01.風と共に目覚め
02.誕生の日に
03.叶えられた祈り
04.傘は
05.空洞の坂に
06.光を映す影
07.交差する
08.冒険の彩り
09.追憶の記録
10.道
11.誕生会の夢
12.点在について
13.雨に唄わず
14.少し早足になって
15.水の中へ
16.百年の窒息
17.夜は問い
18.いくつかの答え
19.再来の風
20.呼吸
21.水の線路 (詩:吉野弘「生命は」より / 朗読:ペ・ドゥナ )

久しぶりのworld’s end girlfriend 新作。
そして、映画「空気人形」のサウンドトラックです。

「優しさに包まれる、でも、ちょっぴり苦い」

アルバム全体的にそんな印象を受けました。
「優しさ」っていうのは使われている音色(クラシックギターやアコーディオン、鉄琴的な音)から感じられてて、「ちょっぴり苦い」ってのは、時折、(world’s end girlfriendらしい)スパイスが効いた和音ですね~。

リズム楽器が前に出ている曲はないので、映画「空気人形」の世界観を表しているのでしょう。

続きを読む

怪人二十面相・伝

年始に映画「K-20-怪人二十面相・伝-」を見てきました。 怪人二十面相に騙された男・遠藤平吉を中心にして二十面相を巡る物語なわけですが。。。 軽く言えば、お正月に楽しむにはちょうど良い映画だったかなと。 アクション+コ … 続きを読む

21世紀型カンフーアクション

風邪で寝込んでおりました。 なぜか、年末になるとかならず風邪をひきます。 それが高校くらいから続いています。 うーん、年末になると気が抜けているのかもしれませんね。 さて、ついに公開された実写版のドラゴンボールですが… … 続きを読む

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial