はつ恋 / ツルゲーネフ

ロシア文学の作家に触れるのは、今のところドストエフスキーに続いて2人目。 なんでこれを読み始めたかというと、文学少女シリーズの中で少しだけこの本が出ていたのを書店で思い出したからです。 タイトル通り主人公の「初恋」の話な … 続きを読む

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial