はつ恋 / ツルゲーネフ | ninimimima

ホーム > 書籍 > はつ恋 / ツルゲーネフ

はつ恋 / ツルゲーネフ

はつ恋

ロシア文学の作家に触れるのは、今のところドストエフスキーに続いて2人目。
なんでこれを読み始めたかというと、文学少女シリーズの中で少しだけこの本が出ていたのを書店で思い出したからです。
タイトル通り主人公の「初恋」の話なわけですが…
なんというか、これを読むには(自分が)年をとりすぎたようです。
話半分でオチが読めてしまい、そしてその通りだったりしたので話に刺激を感じず、
美しい詩もなんだかピンと来ずでした。

実に哲学的な本ですね。
とりあえずしばらく寝かせて、また読んでみたいと思います。


こちらの記事も合わせてどうぞ!

Facebook Comment

PR

ホーム > 書籍 > はつ恋 / ツルゲーネフ

Search
カスタム検索
My Service
Feed tumblr Youtube Facebook Twitter

ページの上部に戻る