おっと、いいネタ発見 | ninimimima

ホーム > ネット関連 | 音楽 > おっと、いいネタ発見

おっと、いいネタ発見

JPOPの曲似ているのは理由がある 「コード依存」がひどいから?
「倖田來未が歌っている曲のパクリ騒動は、JPOPの形骸化が招いた悲劇だ」――そんな解説が投稿動画サイト「ニコニコ動画」にアップされ、一週間で19万回閲覧されるなど大きな話題になっている。

引用元:J-cast

というか、曲量産による弊害じゃないでしょうか?

リスナーもよく飽きないなぁ~と感心してしまいます。

というか、特に音楽が好きじゃない人の場合は、あんまり「曲」は重要じゃないですよね。

どっちかといえば、胸にキュンとくる「歌詞」の方が重要。

どんだけ共感できるか、分かりやすく伝わるか、

その上で、一回聴いただけで口ずさめるような分かりやすいメロディーがあれば最高。

とすれば、ダイアトニックの循環コード進行の中でメロを作った方が良い。

ってな具合でしょうか。

あと、今はキャラクターソング全盛期ですからね。
テレビ番組のCD企画なんてまさにいい例。
もともとシンガーでもない人に難しいメロディーを歌えるわけないってのもありますよ。

しかし、なぜリスナー(普通の人)は飽きないのか?

これ、考えてみました。

ずばり

「飽きるほど音楽を聴いてない」

って、当たり前なんだけど(笑)、これが答え。

同じようなメロディーっていうのに、気づけるほど音楽を聴いてない。
だから、同じようなメロディーでも違う人が歌えば、まったく違う曲に聞こえちゃう。

しかも、「前好きだった曲」に似た曲は、当然その人の涙腺に触れるわけで・・・
そりゃ~、「良い曲だ~」って事でCD買っちゃうよね。

特に10代は、ほとんど絶対数が少ないわけで。
これは、ショウガナイないな。

昔の曲に平気で潜り込んでいく&常に新しい音楽を求めていく「音楽好き」以外は太刀打ちできないよ。

こう考えると、上手くできているシステムですね。


こちらの記事も合わせてどうぞ!

Facebook Comment

PR

ホーム > ネット関連 | 音楽 > おっと、いいネタ発見

Search
カスタム検索
My Service
Feed tumblr Youtube Facebook Twitter

ページの上部に戻る