The Electricity In Your House Wants To Sing / I Am Robot and Proud

RSS
Facebook
Instagram

The Electricity In Your House Wants To Sing / I Am Robot and Proud

1. Electricity in Your House Wants to Sing
2. When I Get My Ears
3. Work
4. Save Your Neck, Save Your Brother
5. Scholars and the Travellers
6. Neil Lake
7. Me vs. Heidi
8. Good Sleep
9. Man That Runs Too Fast
10. Places We’re Trying to Find
11. Center Cities

ジャケットを見た瞬間、ビビッときた。

「たぶん、これは(俺)好きだな。」

こうなったら買うしかない。(笑)
即、購入。

そして、やはり大当たり!!自分の直感に乾杯!!

ジャンルでいうなら、エレクトロポップである。
幅広くて柔軟な音楽性を感じる。
ポップさの中にあるアジアを感じさせる旋律がとても印象的だし、
それがどことなく落ち着かせてくれる。
サウンド的には、全体的に”軽い”感じを受けてしまうのだけれど、絶妙に気持ちの良いペース(低音)がなっているので楽曲としては安心して聴ける。

しかし、音楽に国境なしだね。あらためて実感。
実は、i am robot and proud、カナダ・トロントを本拠地に置くShaw-Han Liemさんという中国の方なのだ。
正直にいうと、中国人のエレクトロポップにハマってしまうとは思わなかった。

心のどこかに、アジアなら”日本No.1″みたいな勝手な思い込みを持っていたようである。

自分の視野の狭さがとても恥ずかしい。

すばらしい音楽に、人種は関係ないのである。
良いものは良い!!

オススメは、①「Electricity in Your House Wants to Sing」③「Work」④「Save Your Neck, Save Your Brother」。

しかし、カナダ発の音楽ってのは、ipodのCMで有名になったFeistをそうだけど、とても自然体だね。
ヨーロッパ、アメリカの影響をもろに受けていない気がする。
やっぱ地域性はあるよね。

[LINK]
http://www.robotandproud.com/(公式HP)
My Spaceアーティストページ
FEIST(日本語HP)

Similar Posts:

RSS
Facebook
Instagram

The Electricity In Your House Wants To Sing / I Am Robot and Proud” に4件のコメントがあります

  1. カナダか、god speed you black emperior しか思い浮かばん。あとthe bandとか(いやこりゃカナダ人か)。

    どうでもいいけど、凛として時雨のCD買おうか迷ってる。視聴した感じじゃ、女vo.がいらねえな。
    男の方はいいな~。
    気持ち悪い感じが。

  2. カナダか、god speed you black emperior しか思い浮かばん。あとthe bandとか(いやこりゃカナダ人か)。

    どうでもいいけど、凛として時雨のCD買おうか迷ってる。視聴した感じじゃ、女vo.がいらねえな。
    男の方はいいな~。
    気持ち悪い感じが。

  3. >凛として時雨
    すごいトコいくねぇ~
    確かに女Voが入ると普通になる。

  4. >凛として時雨
    すごいトコいくねぇ~
    確かに女Voが入ると普通になる。

コメントする

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial