レールの上で・・・

RSS
Facebook
Instagram

小学校来の友人が脚本を担当したというので、その演劇を観にいく。

劇場でみる演劇というものは今まで経験したことがない。

 
 

舞台設定、ストーリーの進行、そして何より物語のポリフォニー性。
  
  

実に彼らしさが所々にでていて、笑いどころではないのに思わず「にやり」としてしまった。

  
  

2時間という短い時間の中でよくこれだけ詰めるなぁ~と驚嘆する。

  

それと同時に、その多声さについていけない人もいるだろうとは思う。

  

   

けっしてやさしい物語とはいえなかった。

    

いやいや、、、

   

   

それこそ、むしろ大歓迎ではないか!!

   
   
   

後に、これが絶大なる作風として磨かれていくだろう。

作家の品格を大事にしてもらいたい。

今後も彼を心から応援していきます。


  
  
  

それにしても、こうやって友人が活躍している姿をみると、とても刺激になるものである。
  
  

自分ももっと高みを目指して精進しなければ・・・・
  
  

あらためて気を引き締められた。
  
  

そして、お互いおいしい酒で語り会おう♪
  
  

[LINK]
劇団くりびつてんぎょう

Similar Posts:

RSS
Facebook
Instagram

コメントする

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial